umikara ファンデーションの色選びでブルーベースが合わない原因

umikaraファンデーションは誰の肌にも
なじみやすい2色展開。

・ナチュラルオークル
・ライトオークル

umikaraファンデーションの色選びのポイント

公式ページで紹介されてるおすすめの色選びは
・悩みが少ない→ライトオークル
・隠したい悩みがある→ナチュラルオークル

悩みが多くカバー力求めるならナチュラルオークル。

umikaraファンデーションの色が合わない原因

うみからファンデの色にはイエローベースと

ブルーベースという分類はなし。

色の基本は日本の女性に多いイエローベースが
基準になってる可能性。

ブルーベースでやわらかい夏タイプならなじむ可能性あり。

でもブルーベースの冬タイプなら、どちらを
使っても合わないことが・・・。

自分の肌色に合わないベースメイクは疲れて見えたり

顔色が悪く見えて損。

実際に色白じゃないのでナチュラルオークルを使った
という人は「暗く見える仕上がり」に。

だからと言ってライトオークルを使ったとしても
合わない可能性が・・・・

ブルベ冬の場合おすすめファンデがあります。
それが自分の肌色に変わるqueiカラーチェンジファンデ。

quei(クエイ)は他のカラーチェンジファンデと
違う特徴があります。

>>>queiクエイカラーチェンジファンデーションの違い

自分の肌色を確認する簡単な方法

自分はイエローベースなのかブルーベースなのか
わからない・・・・

イエローベースは黄味よりの肌色でブルーベースは
ピンク系や青味系。

イエローベースは春と秋、ブルーベースは
夏と冬に分類されます。

それでもわかりりにくいですよね。

とくに顔は紫外線や年齢によって元の色と
違ってることがあります。

だから顔の色だけで見分けるのはむつかしい。

パーソナルカラー診断をしてもらうのが一番ですが、
自分でも簡単に見分け方法があります。

見分けるときには蛍光灯の下だと正確性が低いので
太陽など自然な光の下でやってください。

髪と瞳の色で見分ける

髪と瞳の色は変化しにくいパーツ。

だから見分けやすい。

・やわらかなブラウン→イエベ春
・落ち着いたダークダークブラウン→イエベ秋
・柔らかいブラックや赤ブラウン→ブルベ夏
・はっきりしたブラック→ブルベ冬

親指の第一関節の内側の血色で見分ける方法

手の平や内側にはメラニン色素がないので
紫外線の影響が少なく変化しにくいパーツ。

手の親指の内側の第一関節をぎゅっと押さえ
パッと離したときに

・ローズ系の色にもどる→ブルーベース
・オレンジ系の色にもどる→イエローベース

手首の内側の血管の色で見分ける

手首の内側の血管が
・青緑や緑→イエローベース
・青や紫→ブルーベース

以上がプロでなくてもわかりやすい簡単な
パーソナルカラーの見分け方です。

パーソナルカラーがわかると服の色選びにも
役だちます。

ファンデーションも自分の肌色に合ってると
明るく若々しい印象に見えてイメージアップ。

タイトルとURLをコピーしました